サービス呼び出しの設定 - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. tRESTClientコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. URLフィールドに、呼び出すRESTサービスのURLを入力します(このサンプルでは"http://localhost:8088/users")。このユースケースのURLはあくまでも例示用であり、実際のアドレスではありません。
  3. [HTTP Method] (HTTPメソッド)リストでGETを選択し、既存のレコードを取得するためのHTTPリクエストを送信します。
    [Accept Type] (許可タイプ)リストで、クライアントエンドがサーバーエンドからのレスポンスを受け入れる用意ができているタイプ(XML)を選択します。残りの設定はそのままにしておきます。
  4. [Query parameters] (クエリーパラメーター)テーブルの下にある[+]ボタンをクリックし、2つのパラメーター(fromto)を追加して、どちらも2に設定します。これで、IDが2のユーザーの情報が取得されます。
    または、IDが2のユーザーの情報をクエリーするには、サービスURLに?from=2&to=2を追加するという方法もあります。
  5. tRESTClientコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)ビューで、[Log messages] (ログメッセージ)[Convert Response To DOM Document] (DOMドキュメントにレスポンスを変換する)チェックボックスをオンにして、メッセージ交換をサーバーに記録し、サーバーからのレスポンスをドキュメントタイプに変換します。