サービス構造のマッピングと取得されたユーザー情報の表示 - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. tRESTClientコンポーネントのAccept TypeリストでXMLを選択した場合は、入力XMLツリー構造をサービス構造に従って定義します。
    1. 入力テーブルで、bodyカラムのデフォルトrootノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Rename] (名前の変更)を選択し、名前をusersに変更します。
    2. usersノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択し、userという名前のサブエレメントを作成します。userをループエレメントに設定します。呼び出すWebサービスのXML構造はこのエレメントでループしているからです。
    3. userノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Attribute] (属性の作成)を選択して、[Create New Attribute] (属性の新規作成)ダイアログボックスでidと入力し、userノードにidという名前の属性を作成します。
    4. userノードを再び右クリックし、コンテキストメニューから[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択して、[Create New Element] (エレメントの新規作成)ダイアログボックスでfirst_nameと入力し、userノードにfirst_nameという名前のサブエレメントを作成します。
      このオペレーションを繰り返して、userノードの下に別のサブエレメント、last_nameを作成します。
    5. カラムidfirst_name、およびlast_nameを入力テーブルから出力テーブルにドロップし、[OK]をクリックしてマッピングを確定し、マップエディターを閉じます。

    tRESTClientコンポーネントの[Accept Type] (許可タイプ)リストからJSONを選択した場合、サーバーエンドからのレスポンスはJSON形式で返送され、ドキュメントタイプに変換されます。このサンプルでは、変換されたレスポンス構造は次のようになります。

    <root>
        <users>
            <user>
                <id>2</id>
                <first_name>Theodore</first_name>
                <last_name>Harding</last_name>
            </user>
        </users>
    </root>

    tRESTClientコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)[Wrap JSON Response] (JSONレスポンスをラップ)チェックボックスがオフの場合、<root>エレメントは削除されます。

    入力XMLツリー構造をそれに合わせて定義し、上記の説明に従い、同様に出力データフローにマップします。

  3. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Sync columns] (カラムを同期)ボタンをクリックして、コンポーネントスキーマがtXMLMapコンポーネントの出力スキーマと同期していることを確認します。
  5. [Mode] (モード)フィールドで[Table] (テーブル)オプションを選択し、GETの結果をテーブルセルに表示します。