ジョブを保存して実行 - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. Ctrl + Sを押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押すか、[Run] (実行)コンソールの[Run] (実行)をクリックして、ジョブを開始します。
    コンソールには、tRESTClientコンポーネントが、指定されたユーザーIDに対応するサーバーエンドからのユーザー情報を正しく読み取ったことが示されます。
    tRESTClientコンポーネントの[Accept Type] (許可タイプ)リストからXMLを選択した場合、実行結果は次のようになります。
    tRESTClientコンポーネントの[Accept Type] (許可タイプ)リストからJSONを選択した場合、実行結果は次のようになります。