tXMLMapコンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. tMysqlInputを右クリックして押さえたままtXMLMapにドラッグし、2つのコンポーネントを相互に接続します。
  2. デザインワークスペース上でtXMLMapをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  3. 右上の[+]ボタンをクリックし、出力を追加し、ResponseUsersという名前を付けます。
  4. 右下の[+]ボタンをクリックし、出力にカラムを2つ追加します。
    最初のカラムにbodyという名前を付け、[Type] (タイプ)[Document] (ドキュメント)に設定します。
    2番目のカラムにstringという名前を付け、[Type] (タイプ)[String] (文字列)に設定します。
  5. [root] (ルート)ノードを右クリックし、リストから[Rename] (名前の変更)を選択し、名前をusersに変更します。
  6. [users] (ユーザー)ノードを右クリックし、[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択して、サブエレメントを作成します。ポップアップダイアログボックスでサブエレメントにuserという名前を付けます。
  7. 前のステップで作成したuserノードを右クリックし、[As loop element] (ループエレメントに設定)を選択します。
  8. 左のrow2テーブルからidカラムを選択し、右のResponseUsersテーブルにあるuserノードにドロップします。
  9. [Selection] (選択)ダイアログボックスで[Create as attribute of target node] (ターゲットノードの属性として作成)オプションを選択し、[OK]をクリックします。
  10. 左のrow2テーブルからfirstnameカラムとlastnameカラムを選択し、右のResponseUsersテーブルにあるuserノードにドロップします。
  11. [Selection] (選択)ダイアログボックスで[Create as sub-element of target node] (対象ノードのサブエレメントとして生成)オプションを選択し、[OK]をクリックします。
  12. ResponseUsersテーブルの上にあるレンチアイコンをクリックし、設定パネルを開きます。
  13. [All in one] (オールインワン)機能をtrueに設定します。これで、すべてのXMLデータが単一フローに出力されます。
  14. [OK]をクリックして、設定を保存します。