最初のサブジョブを作成する - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

このタスクについて

そのためには、次の手順に従います。

手順

  1. 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします: [Misc] (その他)ファミリーからはtFixedFlowInput[Databases] (データベース) > MysqlファミリーからはtMysqlOutput
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tFixedFlowInputtMysqlOutputに接続します。
  3. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  5. スキーマエディターで[+]ボタンを3回クリックして3つの行を追加し、上記のスクリーンショットのように設定します。
  6. [OK]をクリックします。
  7. tFixedFlowInput[Basic settings] (基本設定)ビューに戻り、[Mode] (モード)エリアで[Use Inline Table] (インラインテーブルを使用)オプションを選択します。
  8. インラインテーブルの下にある[+]ボタンを3回クリックして、テーブルに3行を追加します。
  9. インラインテーブルで、最初の行のidフィールドをクリックし、1を入力します。
  10. 最初の行のfirstnameフィールドをクリックし、[Ctrl] + [Space]を押してオートコンプリートリストを表示し、リストからTalendDataGenerator.getFirstName()変数を選択します。
  11. 最初の行のlastnameフィールドをクリックし、[Ctrl] + [Space]を押してオートコンプリートリストを表示し、リストからTalendDataGenerator.getLastName()変数を選択します。
  12. 続く2つの行にも同じ手順を繰り返して、スクリーンショットに表示されている設定にします。
  13. tMysqlOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  14. [Property Type] (プロパティタイプ)リストで、[Built-in] (組み込み)をそのままにして、[Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)に手動で入力します。[Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (DB接続)ノードのデータベースで接続情報を一元管理している場合は、リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドに自動入力できます。
    メタデータの保存については、『 Talend Studioユーザーガイド 』をご覧ください。
  15. データをロードするテーブルの名前を[Table] (テーブル)フィールドに入力します(たとえば、users)。
  16. [Action on table] (テーブルでのアクション)リストから[Drop table if exists and create] (テーブルが存在する場合はドロップして作成)を選択し、[Action on data] (データでのアクション)リストから[Insert] (挿入)を選択します。
  17. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックして、既存のコンポーネントからスキーマを取得します。