URIクエリーパラメーターを使用してデータベースのデータを探査する - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

このシナリオでは、tRESTRequest内のURIクエリーパラメーターを使用してデータベースのデータを詳しく見て、tRESTResponseを使用してレスポンスを送信する方法について説明します。

そのためには、OnSubjobOk接続でリンクされた2つのサブジョブを作成します。こうすることで、2つサブジョブが順次実行されます。トリガー接続の詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』をご覧ください。最初のサブジョブはデータベースを作成してそこに入力し、2番目のサブジョブはRESTサービスを使用してデータベースを探査することを可能にします。