tXMLMapコンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tJavaRowtXMLMapに接続します。
  2. デザインワークスペース上でtXMLMapをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  3. 左下の[+]ボタンをクリックし、Document型のカラムidを入力に追加します。
  4. 入力テーブルの[root] (ルート)ノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Rename] (名前の変更)を選択し、名前をcustomerに変更します。
  5. コンテキストメニューで[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択して、customerノードにサブエレメントを作成します。ポップアップダイアログボックスでサブエレメントにidという名前を付けます。
  6. 右上の[+]ボタンをクリックし、出力を追加し、responseという名前を付けます。
  7. 右下の[+]ボタンをクリックし、Document型のカラムbodyを出力に追加します。
  8. 入力テーブルの[root] (ルート)ノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Rename] (名前の変更)を選択し、名前をcustomerに変更します。
  9. コンテキストメニューで[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択して、customerノードにサブエレメントを作成します。ポップアップダイアログボックスでサブエレメントにidという名前を付けます。
  10. 入力テーブルからidカラムを選択し、出力テーブルにあるidノードの[Expression] (式)フィールドにドロップします。
  11. [OK]をクリックして、設定を保存します。