データベースとレスポンスパラメーターを設定する - Cloud - 8.0

ESB REST

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB RESTコンポーネント

手順

  1. tMysqlOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定) ビューを開きます。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)[Built-in] (組み込み)のままにして、[Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)にデータベース接続の詳細を手動で入力します。
    [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (DB接続)ノードのデータベースで接続情報を一元管理している場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、一元管理している接続に移動し、フィールドに自動入力できます。メタデータの保存については、『 Talend Studioユーザーガイド 』をご覧ください。
  3. [Table] (テーブル)フィールドにターゲットデータベースのテーブル名(このサンプルではusers)を入力します。
  4. データベーステーブルとデータに対して実行するアクションを、対応するリストから必要に合わせて選択します。このサンプルでは、ターゲットテーブルが指定したデータベース内に存在しない場合は作成され、クライアントリクエストからのデータがデータベーステーブルに挿入されます(または、既に存在する場合は更新されます)。
  5. [Sync columns] (カラムを同期)ボタンをクリックして、テーブルスキーマを入力スキーマと同期します。
  6. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  7. 出力テーブルのルートノードの名前を変更します: ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Rename] (名前の変更)を選択し、ポップアップダイアログボックスに新しい名前(この例ではuser)を指定します。
  8. 入力テーブルにある3つのカラムをすべて選択し、userノードにドロップします。ポップアップダイアログボックスから[Create as sub-element of target node] (対象ノードのサブエレメントとして生成)オプションを選択し、これらのカラムをuserノードのサブエレメントとして設定します。終了したら[OK]をクリックしてマッピングを確定し、マップエディターを閉じます。
  9. tRESTResponseコンポーネントをダブルクリックし、レスポンスパラメーターを必要に合わせて設定します。この例では、どのパラメーターでもデフォルト設定をそのまま使用します。