コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

ESB SOAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドに、国コードcontext.filepathを持つファイルのコンテキスト変数を入力します。
  3. [...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  4. [+]ボタンをクリックし、カラム(たとえば、文字列型のcountry_code)を追加します。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  5. tXMLMapをダブルクリックし、マップエディターを開きます。
  6. 出力フロー側のリクエストテーブルでpayloadという名前のカラムを右クリックし、コンテキストメニューから[Import from Repository] (リポジトリーからインポート)を選択します。[Metadata] (メタデータ)ウィザードが開きます。
    リクエストメッセージのスキーマを選択し、[OK]をクリックしてこの選択を検証します。この例では、スキーマはgetAirportInformationByISOCountryCodeです。
  7. メインフローのcountry_codeカラムを、request出力フローのtns:CountryAbbreviationノードの横にある[Expression] (式)エリアにドロップします。
    [OK]をクリックしてエディターを閉じ、この設定を有効にします。
  8. tESBConsumerをダブルクリックし、サービス設定ウィザードを開きます。
  9. このビューで[Browse...] (参照...)ボタンをクリックして、目的のWSDLファイルを選択します。[Port name] (ポート名)[Operation ] (操作)は、WSDLファイルが選択されると自動的に入力されます。
    [OK]をクリックしてウィザードを閉じます。
  10. [response] (応答)をダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. [Vertical (each row is a key/value list)] (縦(各行はキー/値リスト))[Print label] (ラベルの印刷)の順に選択して、結果を読みやすく表示します。
    他のtLogRowfault_messageの場合も同じ操作を行います。