tFixedFlowInputコンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

ESB SOAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント

手順

  1. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. tESBConsumerコンポーネントの設定でサービスWSDL定義からスキーマを取得している、ESBを使用する Talend Studio ユーザーの場合、[Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。次に、次のフィールドの[...]をクリックして、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ダイアログボックスを表示します。IsValidEmailノードの下にあるメタデータを選択して、入力メッセージのスキーマとして使用します。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    ESBを使用しない Talend Studio ユーザーの場合は、次のステップに進んでください。
  3. ESBを使用しない Talend Studio ユーザーの場合は、スキーマを手動で作成する必要があります。[Schema] (スキーマ)リストから、[Built-in] (組み込み)を選択します。
    [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックします。スキーマダイアログボックスで、[+]ボタンをクリックしてString型の行を新規追加して、Emailという名前を付けます。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  4. [Number of rows] (行数)フィールドに行数1を設定します。
  5. [Mode] (モード)エリアで、[Use Single Table] (単一テーブルを使用)を選択し、[Value] (値)フィールドに"nomatter@gmail.com"を入力します。これはリクエストメッセージのペイロードです。
  6. 2番目のtFixedFlowInputをそのスキーマを除く、最初のものとして設定します。
    スキーマにString型の2つの行を追加し、それぞれidcompanyという名前にします。
    Hello world!idに付与し、またTalendcompanyに付与します。これらはリクエストメッセージのヘッダーです。