入力フローでのtXMLMapコンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

ESB SOAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント

このタスクについて

Talend データ統合では、リレーショナルデータウェアハウス統合をそのルーツに持つため、行とカラムに基づくスキーマが使用されます。しかし、SOAPメッセージはXML形式を使用します。XMLは階層型であり、行またはカラムよりも豊富な構造をサポートします。このため、リレーショナル行/カラム構造から、SOAPサービスによって期待されるスキーマに変換するには、tXMLMapが必要です。

手順

  1. デザインワークスペースで、tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. 出力テーブルで、ルートノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Rename] (名前の変更)を選択します。表示されるダイアログボックスにIsValidEmailと入力します。
  3. IsValidEmailノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Set A Namespace] (名前空間の設定)を選択します。表示されるダイアログボックスにhttp://www.webservicex.netと入力します。
  4. 再びIsValidEmailノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択します。表示されるダイアログボックスにEmailと入力します。
  5. Emailノードを右クリックし、コンテキストメニューで[As loop element] (ループエレメントとして)を選択します。
  6. 入力テーブルのEmailノードをクリックし、出力テーブルのEmailノードの行の[Expression] (式)カラムにドロップします。
  7. [OK]をクリックしてマッピングを検証し、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。