コンポーネントをドロップしてリンク - Cloud - 8.0

ESB SOAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ESBコンポーネント > ESB SOAPコンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースに次のコンポーネントをドロップします。tESBConsumertMap、2つのtFixedFlowInput、3つのtXMLMap、2つのtLogRow
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、各tFixedFlowInputtXMLMapに接続します。
  3. 最初のtXMLMapを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [*New Output*(Main)] (*新規出力*(メイン)) を選択して、tMapをクリックします。ポップアップダイアログボックスにpayloadと入力し、この行に名前を付けます。
    この操作を繰り返して、別のtXMLMaptMapに接続し、出力行にheaderという名前を付けます。
  4. tMapコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [*New Output*(Main)] (*新規出力*(メイン)) を選択して、tESBConsumerコンポーネントをクリックします。ポップアップダイアログボックスにrequestを入力して、この行に名前を付けて、tESBConsumerコンポーネントからスキーマを取得するかどうかを尋ねるプロパゲートを受け入れます。
  5. tESBConsumerコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Response] (応答) を選択して、3番目のtXMLMapコンポーネントをクリックします。
  6. 3番目のtXMLMapコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [*New Output*(Main)] (*新規出力*(メイン)) を選択して、tLogRowコンポーネントの1つをクリックします。ポップアップダイアログボックスにresponseと入力し、この行に名前を付けます。
  7. 再びtESBConsumerコンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [Fault] (フォールト) を選択して、もう一方のtLogRowコンポーネントをクリックします。