tBlockedFuzzyJoinの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Fuzzy matching

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > マッチング > ファジーマッチコンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtBlockedFuzzyJoinの設定で使用されます。

標準tBlockedFuzzyJoinコンポーネントは、データクオリティファミリーに属しています。

このコンポーネントは、Talend Data Management Platform、Talend Big Data Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Services Platform、Talend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保存されています。他のプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Replace output column with lookup column if matches or possible matches] (一致または可能な一致の場合は、出力カラムをルックアップカラムに置き換えます)

値が一致または可能な一致の場合に出力カラムをルックアップカラムに置換するには、このチェックボックスをオンにします。

[Input key attribute] (入力キー属性)

参照(ルックアップ)キーカラムを基にチェックする必要のあるメインフローからカラムを選択します。

[Lookup key attribute] (ルックアップキー属性)

入力フローからのカラムを比較する参照元として使用するルックアップキーカラムを選択します。

[Matching type ] (一致するタイプ)

関連する一致アルゴリズムをリストから選択します。

[Exact Match] (完全一致): 処理された各エントリーを、まったく同じ値を持つすべての可能な参照エントリーに一致させます。

Levenshtein: 編集距離理論に基づきます。参照エントリーと一致するエントリーに必要な挿入、削除、置換の回数を計算します。

[Metaphone] (メタフォン):発音によるエントリーの索引付けのための発音アルゴリズムに基づいています。ルックアップ参照のすべてのエントリーの発音をロードし、メインフローのすべてのエントリーを参照フローのエントリーに対してチェックします。

[Double Metaphone] (二重メタフォン): 発音アルゴリズムの新しいバージョン。元のアルゴリズムよりも正確な結果をもたらすメタフォン。文字列のプライマリーコードとセカンダリーコードの両方を返すことができます。これはあいまいなケースや共通の系統を持つ姓の複数のバリエーションに対応しています。

Case sensitive

このチェックボックスを選択して、大文字と小文字を考慮します。

[Min distance] (最小距離)

Levenshteinのみ参照と一致するために許可される変更の最小数を設定します。0に設定すると、[Exact Match] (完全一致)のみが返されます。

注:

最小距離と最大距離のコンテクスト変数を作成および保管した後にそれらの値でジョブをループさせ、低い最大数から行と一致させ、より高い最大数に増やして可能な行とさらに一致させることができます。[Ctrl+Space]を押して、変数リストにアクセスして、新しいコンテキスト変数を選択できます。コンテキスト変数の詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[Max distance] (最大距離)

Levenshteinのみ参照と一致するために許可される変更の最大数を設定します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー時強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは非推奨です。代わりにtRecordMatchingコンポーネントを使います。

このコンポーネントは開始可能でなく(緑色の背景)、2つの入力コンポーネントと1つ以上の出力コンポーネントを必要とします。