tGoogleAddressRow - Cloud - 8.0

Google address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント

人間が読めるアドレスを地理座標や他の地理情報に変換します。

tGoogleAddressRowは、2ステッププロセスで地理情報を取得します。

  1. tGoogleAddressRowはHTTPリクエストを介してGoogle Places API Text Search Serviceにアクセスし、ユーザーが指定したアドレスを一意に識別するplace_idを取得します。
  2. その後、tGoogleAddressRowはHTTPリクエストを介してGoogle Places APIにアクセスし、ユーザーが指定したアドレスのplace_idに従って地理座標や他の地理情報を取得します。詳細は、「Place Details」を参照してください。

Google Places APIの詳細は、「Google Places API Web Service」を参照してください。

各データ行には、Places APIへの1つ以上の呼び出しが必要です。クオータは、Googleが提供するライセンスによります。クオータを超過するデータセットに対してコンポーネントを実行しないようにご注意ください。実行するとエラーメッセージが表示され、アドレスが修正されません。

Google Places APIの使用制限については、Usage Limits and Billingを参照してください。

Google Places APIの利用規約については、Terms of Serviceを参照してください。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールを参照してください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。