tGoogleAnalyticsReportの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Google Analytics

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google コンポーネント > Google Analytics
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google コンポーネント > Google Analytics
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google コンポーネント > Google Analytics
Last publication date
2024-03-21

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtGoogleAnalyticsReportを設定するために使われます。

標準tGoogleAnalyticsReportは、ビジネスファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続のプロパティ値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。

    このチェックボックスの横にある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドを定義するものです。

  • [Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。変更を加えると、スキーマは自動的に組み込みになります。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Authentication method] (認証方式) プロジェクトの認証に使用されるモードを選択します。
  • [Service account key] (サービスアカウントキー): Google Cloud Platformプロジェクトに関連付けられているGoogleアカウントを使って認証します。このモードを選択した場合、定義されるパラメーターは[Google credentials] (Googleクレデンシャル)です。
  • [Application Default Credentials] (アプリケーションのデフォルト認証情報): アプリケーションのデフォルト認証情報を使って認証します。このモードを選択した場合、アプリケーション環境に基づいて認証情報が自動的に検索されるので、追加のパラメーターを定義する必要はありません。

Google Cloudの認証プロセスに関する詳細は、Google Cloudのドキュメンテーションをご参照ください。

[Google credentials] (Googleクレデンシャル)

サービスアカウントキーが含まれているJSONファイルのコンテンツを貼り付けます。

このプロパティは、[Service account key] (サービスアカウントキー)を使って認証する場合のみ利用できます。

[View ID] (ビューID) 一意のビューIDを選択または入力して、分析データを取得します。この識別子は、お使いのアカウントの[Admin] (管理者) > [VIEW] (ビュー) > [View Settings] (ビュー設定)の下にあります。
[Start date] (開始日)/[End date] (終了日)

取得したいレポートに対応する開始日と終了日を選択、または入力します。

[Dimensions] (ディメンション)

使いたいディメンションの名前を選択、または入力します。

例: Landing Page(ga:landingPagePath)

詳細は、Google Analyticsドキュメンテーションをご覧ください

[Metrics] (メトリクス)

使いたいメトリクスの名前を選択、または入力します。

例: Sessions (ga:sessions)

詳細は、Google Analyticsドキュメンテーションをご覧ください

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

[Read timeout] (読み取りタイムアウト)

読み取りタイムアウトの値をミリ秒で入力します。読み取る対象のデータが提供される前に待機時間が切れると、例外が発生します。

[Advanced metrics] (詳細メトリクス)

  • [Expression] (式): 使いたいメトリクスに対応する式を選択、または入力します。

    例: ga:sessions*100

  • [Alias] (エイリアス): 前に定義した式のエイリアスを指定します。このエイリアスは、フィルターの句でこの式の再利用に役立ちます。

    例: custom_session_metrics

  • [Formatting type] (形式タイプ): メトリクスの形式データ型を入力、または選択します。

    例: INTEGER

[Dimension filer clauses] (ディメンションフィルターの句)

JSON形式でカスタムフィルターの句を定義します。この句で前に定義したエイリアスを使えます。

これらの句の構文に関する詳細は、Google Analyticsドキュメンテーションをご覧ください。

[Metric filter clauses] (メトリックフィルターの句)

JSON形式でカスタムフィルターの句を定義します。この句で前に定義したエイリアスを使えます。

これらの句の構文に関する詳細は、Google Analyticsドキュメンテーションをご覧ください。

[Filter expression] (フィルター式)

フィルター式を入力します。

[Use resource quotas] (リソースクオータを使用)

このオプションを有効にすると、Analytics 360アカウントのある顧客により高いサンプリングしきい値が与えられます。

これらの句の構文に関する詳細は、Google Analyticsのドキュメンテーションをご覧ください。

[Include empty rows] (空の行を含める)

このオプションを有効にすると、メトリック値がゼロである行がレスポンス内に含められます。

グローバル変数

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、スタンドアロンコンポーネントとして、またはジョブまたはサブジョブの開始コンポーネントとして使えます。