サービスアカウントのJSONファイルを使ってGoogle Driveにアクセスする方法 - Cloud - 8.0

Google Drive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
サービスアカウントのJSONファイルを使ってGoogle Driveにアクセスするには、まずGoogle API Consoleでサービスアカウントを作成してから、Google Chromeを使って次の手順を実行し、サービスアカウントのJSONファイルをダウンロードする必要があります。

始める前に

  1. Google Driveを使うためにGoogleアカウントがサインアップ済みであること。
  2. Google API Consoleでプロジェクトが作成済みで、Google Drive APIが有効化されており、製品名が設定済みであること。これらの設定を行う方法の詳細は、クライアントIDとシークレットを使ってGoogle Driveにアクセスする方法を参照してください。

手順

  1. Google API Consoleに移動します。
  2. サービスアカウントページを開きます。プロンプトが表示されたら、プロジェクトを選択します。
  3. [CREATE SERVICE ACCOUNT] (サービスアカウントの作成)をクリックします。
  4. [Create service account] (サービスアカウントの作成)ウィンドウにサービスアカウントの名前を入力し、[Furnish a new private key] (新しいプライベートキーの提供)を選択してから、キータイプJSONを選択します。
  5. [Create] (作成)をクリックします。ポップアップウィンドウでフォルダーを選択し、[Save] (保存)をクリックして、サービスアカウントのJSONファイルを安全に保管します。このJSONファイルは、Google Driveコンポーネントとメタデータウィザードで使い、OAuthメソッド[Service Account] (サービスアカウント)を介してGoogle Driveにアクセスできます。