Google Driveのファイルとフォルダーをリスト表示する - Cloud - 8.0

Google Drive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive

手順

  1. tGoogleDriveListコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、Google Drive接続を作成するコンポーネントを選択します。この例ではtGoogleDriveConnection_1です。
  3. [Folder Name] (フォルダー名)フィールドに、ファイル/フォルダーをリスト表示するフォルダーの名前を入力します。この例では、Google Driveのルートディレクトリーであり、エイリアスrootを使って参照できます。
  4. [FileList Type] (ファイルリストタイプ)ドロップダウンリストから[Both] (両方)を選択して、ルートディレクトリーのファイルとフォルダーの両方をリスト表示します。
  5. サブディレクトリー内のファイル/フォルダーもリスト表示に含めるには、[Include SubDirectories] (サブディレクトリーを含める)チェックボックスをオンにします。
  6. 5番目のtLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Mode] (モード)エリアで、[Vertical (each row is a key/value list)] (垂直: キー/値リストの各行)を選択して、結果をより適切に表示します。