Google Driveにファイルをアップロードする - Cloud - 8.0

Google Drive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Google Drive

手順

  1. 最初のtGoogleDrivePutコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、Google Drive接続を作成するコンポーネントを選択します。この例ではtGoogleDriveConnection_1です。
  3. [Access Method] (アクセス方法)ドロップダウンリストから[by Name] (名前別)を選択し、[Destination Folder] (宛先フォルダー)フィールドに、ファイルがアップロードされるフォルダーの名前(この例ではTalend)を入力します。
    注: Google Driveリソースに名前でアクセスする場合、名前が複数のリソースと一致するとリソースを正確に識別できないため、エラーがスローされます。この場合は、/Talend/Documentationのような疑似パス階層を使ってGoogle Driveリソースを指定します。この例では、Google Driveのrootフォルダーの下のTalendフォルダーの下にあるDocumentationという名前のフォルダーを指定しています。
  4. [File Name] (ファイル名)フィールドに、アップロード後のファイルの名前を入力します。この例ではTalend Customers.csvです。
  5. [Upload Mode] (アップロードモード)ドロップダウンリストから[Upload Local File] (ローカルファイルのアップロード)を選択し、[File] (ファイル)フィールドで、アップロードするファイルのパスを参照または入力します。この例ではD:/Downloads/Talend Customers.csvです。
  6. tFileInputRawコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Mode] (モード)エリアで[Read the file as a bytes array] (ファイルをバイト配列で読み取る)を選択し、[Filename] (ファイル名)フィールドにコンテンツがアップロードされるファイルへのパスを指定します。この例ではD:/Downloads/Talend Products.txtです。
  7. 2番目のtGoogleDrivePutコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. ステップ2からステップ3を繰り返して、このコンポーネントを設定します。
  9. [File Name] (ファイル名)フィールドに、アップロード後のファイルの名前を入力します。この例ではTalend Products.txtです。
  10. [Upload Mode] (アップロードモード)ドロップダウンリストからUpload Incoming content as Fileを選択します。