tGPGDecrypt標準プロパティ - Cloud - 8.0

GPG

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > GPG
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > GPG
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > GPG

これらのプロパティを使って、標準ジョブフレームワークで実行されているtGPGDecryptを設定します。

標準tGPGDecryptコンポーネントは、ファイルファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

暗号化されたファイルの入力

暗号化ファイルへのファイルパス。

出力ファイル

出力された復号ファイルへのファイルパス。

GPG binary path (GPGバイナリパス)

GPGコマンドへのファイルパス。

Passphrase (パスフレーズ)

指定の入力ファイルの暗号化に使うパスフレーズを入力します。

パスフレーズを入力するには、パスフレーズフィールドの横の[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスフレーズを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

No TTY Terminal (TTYターミナルなし)

--no-ttyオプションを復号コマンドに追加することでTTYターミナルを使わないことを指定する場合は、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[Use extra parameters] (追加のパラメーターを使用する)

GPG復号コマンドの追加パラメーターを指定するには、このオプションを選択します。[Extra parameters] (追加パラメーター)フィールドにパラメーターを指定できます。

デフォルトでは、[Extra parameters] (追加のパラメーター)フィールドは--pinentry-mode loopbackパラメーターを提供します。このフィールドのパラメーターは、スペースで区切る必要があります。

tStatCatcher [Statistics] (統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

FILE: 出力ファイルの名前。これはFlow変数で、文字列を返します。

FILEPATH: 出力ファイルのパス。これはFlow変数で、文字列を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはスタンドアロンコンポーネントとして使用できます。