tHBaseLookupInput - Cloud - 8.0

HBase

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > HBase
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > HBase
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > HBase

ストリーミングジョブのメインフローにルックアップデータを提供します。

tHBaseLookupInputは、スキーマ定義に対応するカラムを抽出します。次に、抽出されたデータを後続コンポーネントに渡します。

抽出データはtMapに渡し、ルックアップデータをメインフローに提供します。tMapコンポーネントには直接接続する必要があり、このtMapのルックアップフローでは[Reload at each row] (各行で再読み取り)または[Reload at each row (cache)] (各行で再読み取り(キャッシュ))を使用する必要があります。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。