tHiveWarehouseInput - Cloud - 8.0

Hive

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Hive

Hive Warehouse Connectorを使って、Hiveからデータを抽出して後続のコンポーネントにデータを送信します。

Hive Warehouse ConnectorではHiveの内部テーブルがサポートされているので、Apache Hive 3テーブルを使ってSparkからACIDテーブルデータにアクセスできます。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

使用しているTalend製品に応じて、このコンポーネントは次のジョブのフレームワークの1つ、一部、またはすべてで使用できます。

  • Spark Batch:Apache Spark BatchのtHiveWarehouseInputプロパティをご覧ください。

    このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のサブスクリプションTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。