Talend CommandLineからユーザー定義のコンポーネントにアクセス - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

ユーザー定義のコンポーネント(たとえばローカルで開発したコンポーネントやTalend Exchangeからダウンロードしたコンポーネントなど)をインストールする必要がある場合は、Talend CommandLineにユーザーコンポーネントフォルダーを認識させる必要があります。

  • ユーザー定義コンポーネントのパスを設定する場合は、プロジェクトにログインして次のコマンドを実行します:

    setUserComponentPath -up <ユーザーコンポーネントパス>

  • ユーザー定義コンポーネントのパスをクリアする場合は、次のコマンドを実行します:

    setUserComponentPath -c