Talend Identity and Access ManagementのURLの変更 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
デフォルトであるlocalhost URLを使用したくない場合は、Talend Identity and Access ManagementのURLを変更できます。

始める前に

最初に、Talend Identity and Access Managementと、それにリンクしているすべてのモジュールが停止していることを確認します。

手順

  1. Talend Identity and Access Managementがインストールされているapache-tomcatフォルダーに移動します。
  2. conf/iam.propertiesファイルを開きます。
  3. iam.hostパラメーターの値を、Talend Identity and Access Managementで使用するURLに編集します。
    たとえば、localhostmycompany-iam.comにします。
  4. conf/fediz_config.xmlファイルを開きます。
  5. issuerタグの値を、Talend Identity and Access Managementで使用するURLに編集します。
    たとえば、http://localhost:9080/idp/federationhttp://mycompany-iam.com:9080/idp/federationにします。
  6. OIDPデータベースとIDPデータベースを削除します。
    • デフォルトデータベースを使用する場合は、idpフォルダーとoidcフォルダーをバックアップした後、削除します。
    • 別のデータベースを使用する場合は、データベースをバックアップしてから、すべてのテーブルを削除します。
  7. Talend Identity and Access Managementにリンクしているすべてのモジュールの設定ファイルを編集して、サービスのURLをアップデートします。
    • Talend Data Preparationの場合は、<data_prep>/config/application.properties設定ファイルを編集します。
    • Talend Data Stewardshipの場合は、<tds>/apache-tomcat/conf/data-stewardship.properties設定ファイルを編集します。
  8. すべてのサービスを再起動します。