Talend Studioで共有モデルを無効化 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

Talend Studioに対して共有モードが有効になっている場合、管理者ユーザーは、一部の操作(Talend Studioへのアップデートを適用するなどの)を行う前に共有モードを無効にする必要があります。

このタスクについて

共有モードを無効にし、Talend Studioのアップデートを適用できるのは管理者ユーザーだけです。

手順

  1. <studio>/configuration/config.iniファイルから次の2つのパラメーターを削除します:
    osgi.configuration.area=@user.home/studio/configuration
    osgi.instance.area=@user.home/studio/workspace
  2. Talend Studioインストールディレクトリーの下にあるp2フォルダーを削除します。
  3. Talend Studioインストールディレクトリーの下にあるp2_bakフォルダーの名前をp2に変更します。
  4. Talend Studioインストールディレクトリーの下で、該当する.iniファイルを開きます。
  5. -Dtalend.studio.p2.updateパラメーターの値を編集して、アップデートを適用するリポジトリーのURLを指定します。
    -Dtalend.studio.p2.update=<update-url>
  6. Talend Studioインストールディレクトリーの下でcommandline.batを実行します。
    このアップデートは自動的に適用されます。その後、管理者ユーザーは共有モードを再び有効にできるようになります。