Talend Installerを使ってTalend Administration Center用にシングルサインオンを有効化 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

始める前に

インストール中に設定をカスタマイズできる[Custom] (カスタム)インストールを実行するよう選択済みであること。詳細は、Talend InstallerとTalend Studio InstallerのインストールモードTalend Installerグラフィカルインストールモードを使用をご覧ください。

手順

インストーラーのTalend Administration Center[Configuration] (システム設定)ステップで、[Enable SSO] (SSOの有効化)チェックボックスをオンにして、インストール中のSSOを有効化し、インストールプロセスを続行します。

タスクの結果

SSOが有効になります。これによって管理者は、Talend Administration Centerに初めてログインする時に、Talend Administration Center[Database Configuration] (データベースの設定)ページでアプリケーションと管理者のアイデンティティプロバイダーシステムの間のリンクを直接設定できるようになります。

詳細は、Logging in to Talend Administration Center without SSOをご覧ください。