Talend CommandLineに外部モジュールをインストール - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
異なるマシンでTalend StudioTalend CommandLineを使用する場合は、ダウンロードした.jarファイルを取得してTalend CommandLineに追加する必要があります。

始める前に

  • システムが非表示ファイルと非表示フォルダーを表示するように設定されていることをご確認ください。
  • インストールする.jarファイルがダウンロード済みであることを確認します。
  • <CommandLinePath>/configuration/.m2フォルダーが既に存在することを確認します。このフォルダーは、Talend CommandLineを初めて起動する時に作成されます。

手順

  1. Talend CommandLineが開始している場合はシャットダウンします。
  2. .jar ファイルを<StudioPath>/configuration/.m2から<CommandLinePath>/configuration/.m2に貼り付けます。ここで、<StudioPath>および<CommandLinePath>はそれぞれTalend StudioTalend CommandLineインストールディレクトリーを表します。
    Talend Studioへの外部モジュールのインストールについては、Talend Studioに外部モジュールをインストールをご覧ください。
  3. Talend CommandLineを再起動します。
    これで、これらのモジュールに依存する機能を使用できるようになりました。