Talend Identity and Access ManagementからTomcatを使ってSyncopeをインストール - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Identity and Access Managementをインストールした後に、適切なTomcatポートを設定してSyncopeサービスをインストールします。

手順

  1. Tomcatが実行中であれば停止します。
  2. ESBインストールファイルにあるadd-ons/syncope/ファイルをコピーし、Talend Identity and Access Managementインストールファイルのapache-tomcat-xxx/webappsフォルダーに貼り付けます。
  3. 次のファイルを解凍します:
    • syncope-console.war
    • syncope-enduser.war

    syncope.warsts.warも、解凍する必要はありません。

  4. 次のファイルを開き、Talend Identity and Access ManagementからのTomcatインスタンスのポートと一致するようポート値をアップデートします:
    • syncope-enduser\WEB-INF\classes\enduser.properties
    • syncope-console/WEB-INF/classes/console.properties

    Tomcatのポート値は、デフォルトで9080です。Talend Identity and Access Managementのインストール中にカスタマイズした場合は、カスタマイズした値とSyncopeポートが一致するようにしてください。

  5. オプション: セキュリティを向上させるためには、syncope/WEB-INF/classes/security.propertiesファイルにあるadminPasswordパラメーターを編集し、デフォルトの Apache Syncopeユーザーアカウントの認証情報を変更します。
    詳細は、Apache Syncopeのドキュメンテーションをご覧ください。
  6. Tomcatを起動します。

タスクの結果

Apache Syncope Consoleには、http://localhost:9080/syncope-console/からアクセスできます。