systemdベースのLinuxシステムに Talend Runtimeサービスをインストール - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

下の手順では、
  • TALEND-CONTAINERは、wrapper:installコマンドの-n <Service Name>オプションで使われた名前を表します。
  • <TalendRuntimePath> Talend Runtimeのインストールディレクトリーを表します。

次のコマンドはすべてスーパーユーザー権限で実行する必要があります。

手順

  1. サービスをインストールし、システム起動時に有効にします:
    systemctl enable <TalendRuntimePath>/bin/TALEND-CONTAINER.service
  2. サービスを開始します。
    systemctl start TALEND-CONTAINER

タスクの結果

サービスがインストールされ、開始されます。
サービスの管理には次のコマンドを使います。
  • サービスを停止する場合: systemctl stop TALEND-CONTAINER
  • 現在のサービスステータスをチェックする場合: systemctl status TALEND-CONTAINER
  • サービスアクティビティジャーナルを確認する場合: journalctl -u TALEND-CONTAINER
  • サービスをアンインストールしてシステム起動時に無効にする場合: systemctl disable TALEND-CONTAINER