RPMを使ってサードパーティアプリケーションをインストール(非推奨) - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

Talendアプリケーションが正確に動作するためには、いくつかのサードパーティアプリケーションが必要です。次のアプリケーションのRPMはTalendによって提供されています。

注: TalendはSonatype Nexusを提供しなくなりました。Sonatype NexusまたはJFrog Artifactoryを手動でインストールする必要があります。詳細は、Talendアーティファクトリポジトリーをインストールして設定をご覧ください。

このドキュメントで説明されている手順は、サードパーティのアプリケーションをデフォルト設定でインストールする場合を想定しています。

サードパーティアプリケーションの設定と使用に関するサポートは、各ベンダーにお問い合わせください。

RPM経由で追加されるサードパーティアプリケーションには次が含まれています:

  • Tomcat
  • MongoDB
  • Kafka
  • ZooKeeper (Kafkaに付属)
  • Filebeat
  • MinIO

依存項目や関連するサービスについては、各Talendアプリケーションのインストール手順をご覧ください。