Talend Administration CenterのLDAPでGitパスワードの暗号化を管理 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
Talend Administration CenterでLDAP認証を使用している場合は、そこに保存されているGitパスワードを暗号化できます。パスワードを暗号化したら、Talend Administration Centerにおけるパスワードの解読を管理できるJavaクラスをコンパイルする必要があります。

始める前に

  • 目的のライブラリーを使用してパスワードを事前に暗号化していること。このライブラリーはパスワードの暗号化と解読の両方に使用されます。
  • Talend Administration Centerを保持しているTomcatサーバーが停止していること。

手順

  1. 次のコードをベースにDecryptLdapPassword.javaという名前のクラスファイルを作成します。
    import org.talend.administrator.common.crypto.LDAPCrypto;
    /**
     *
     */
    public class DecryptLdapPassword implements LDAPCrypto {
        @Override
        public String decrypt(String encryptedPassword) throws Exception {
            String decryptedPassword = null;
            //
            // instructions to decrypt password
            //
            return decryptedPassword;
        }
    }
  2. IDEを使用している場合:
    1. Talend Administration Centerアプリケーションの<TalendAdministrationCenterPath>/WEB-INF/classesフォルダーをプロジェクトのクラスパスに追加します。
    2. アルゴリズムライブラリーをクラスパスに追加します。
    3. LDAPに保存されているGitパスワードの解読に必要な命令を挿入します。

    IDEを使用していない場合:

    1. 次のコマンドを実行すると、解読ライブラリーで使われているJARとJavaクラスが目的のディレクトリーでコンパイルされます。

      UNIXシステムの場合:

      cd <directoryOfMyJavaClass_DecryptLdapPassword>
      javac -classpath .:/org.talend.administrator-6.0.1-SNAPSHOT/WEB-INF/classes/:<myDirectory>/encryptionAlgorithm.jar DecryptLdapPassword.java

      Windowsシステムの場合:

      cd directoryOfMyJavaClass_DecryptLdapPassword
      javac -classpath .;c:\org.talend.administrator-6.0.1-SNAPSHOT\WEB-INF\classes\;c:\my\directory\encryptionAlgorithm.jar DecryptLdapPassword.java
  3. コンパイルされたDecryptLdapPassword.classクラスを取得し、<TalendAdministrationCenterPath>/WEB-INF/classesにコピーします。
  4. <TalendAdministrationCenterPath>/WEB-INF/classes/configuration.propertiesファイルを開き、ldap.decryption.class=行をコメント解除して、コンパイルしたクラスをプロパティ値として入力します。
  5. 暗号化アルゴリズムに使用したJARファイルを<TalendAdministrationCenterPath>/WEB-INF/libフォルダーにコピーします。
  6. Tomcatサーバーを再起動します。