プロキシリポジトリーを作成することによってアップデートリポジトリーを設定 - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30
プロキシリポジトリーを作成すれば、アップデートリポジトリー(p2リポジトリー)を設定できます。この設定により、インフラチームはアップデートを一元管理し、Talend Studioの全ユーザーに提供される前にテストできます。

始める前に

アーティファクトリポジトリーとしてSonatype NexusとJFrog Artifactoryのいずれかがインストールされています。詳細は、Talendアーティファクトリポジトリーをインストールして設定をご覧ください。

このタスクについて

この手順では、プロキシリポジトリーを作成することでTalend Studio機能パッケージとTalend Studioマンスリーアップデートのアップデートリポジトリーを設定する方法を説明します。

手順

  1. Talend Studio機能パッケージ用のアップデートリポジトリーの設定方法:
    1. Sonatype Nexusを使用している場合は、ロー形式のプロキシリポジトリーを作成します。
    2. JFrog Artifactoryを使用している場合は、汎用形式またはMaven形式の仮想リポジトリーを作成します。
    3. 新しいリポジトリーに名前(たとえばrepo-base)を付けます。
    4. この新しいリポジトリーをTalend Studio機能パッケージの公式リポジトリー(この例ではhttps://update.talend.com/Studio/8/base)にリンクさせます。
      後でhttp://<repo-server>/repo-baseを使い、Talend StudioでベースURLを、または継続的インテグレーションで-Dtalend.studio.p2.baseパラメーターを設定できます。<repo-server>にはアーティファクトリポジトリーサーバーの IPアドレスやホスト名が入ります。
  2. Talend Studioマンスリーアップデート用のアップデートリポジトリーの設定方法:
    1. Sonatype Nexusを使用している場合は、ロー形式のプロキシリポジトリーを作成します。
    2. JFrog Artifactoryを使用している場合は、汎用形式またはMaven形式の仮想リポジトリーを作成します。
    3. 新しいリポジトリーに名前(repo-updateなど)を付けます。
    4. この新しいリポジトリーをTalend Studioマンスリーアップデートの公式リポジトリーにリンクさせます。たとえば8.0 R2022-09 Talend Studioマンスリーアップデートであればhttps://update.talend.com/Studio/8/updates/R2022-09に、最新のTalend Studioマンスリーアップデートあればhttps://update.talend.com/Studio/8/updates/latestとなります。
      後でhttp://<repo-server>/repo-updateを使い、Talend StudioでアップデートURLを、または継続的インテグレーションで-Dtalend.studio.p2.updateパラメーターを設定できます。<repo-server>にはアーティファクトリポジトリーサーバーの IPアドレスかホスト名が入ります。

次のタスク

Talend Studioまたは継続的インテグレーションで、ベースURLとアップデートURLを設定します。