LinuxでTalend製品を手動アンインストール - 8.0

Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Subscription type
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2022-10-30

アンインストールファイルを使ってTalend製品をアンインストールする時に何らかの問題が発生したり、インストールがうまくいかない場合は、アンインストールを手動で実行できます。

手順

  1. ls -l /etc/systemd/system/talend*というコマンドで、全Talendサービスをリスト表示させます。
  2. systemctl stop <service name>というコマンドで、リストにある各Talend サービスを停止します。<service name>をサービスの名前で置き換えます。例: systemctl stop talend-tac-7.x.1
  3. systemctl disable <service name>というコマンドで、各サービスを無効にします。

    例: systemctl disable talend-tac-7.x.1

  4. ps -ef | grep talend | grep -v grepというコマンドで、実行中のTalendサービスがないことを確認しま

    Talendサービスが出力に表示されている場合は、リストを確認し、kill -9 <pid>というコマンドで、まだ実行中のサービスを強制終了させます。<pid>には各サービスの出力の最初の番号が入ります。

  5. rm -rf <folder>というコマンドで、インストールフォルダーを削除します。例: rm -rf Talend-7.x.1

タスクの結果

これでアンインストールは完了です。Talend製品の再インストールが必要な場合は、Talend Installerを使ってTalend製品をインストールをご覧ください。