H2データベースをバックアップ - 8.0

Mac版Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

バックアップが毎日実行されるよう、H2データベースバックアップの設定パラメーターは既にデフォルトで設定されています。

この設定を編集する必要、または編集したい場合は、設定ファイルを編集します。

<ApplicationPath>/WEB-INF/classes/configuration.properties

組み込み型データベースのCRONベースによるバックアップが、1年中毎日午前3時45分に実行されます。構文は次の例のように、"秒 分 時 日 月 曜日 年"となります。

  • 0 45 3 ? * * * (デフォルト設定 - 毎日午前3時45分に実行)
  • 0 45 5 ? * MON-FRI (月、火、水、木、金の午前5時45分に実行)

その他の例については、http://www.quartz-scheduler.org/documentation/quartz-2.2.x/tutorials/tutorial-lesson-06.htmlをご覧ください。

他の自動バックアップは、アプリケーションサーバーのスタートアップ時とシャットダウン時に実行されます。

database.embedded.backup.doBackupAtStartup=true
database.embedded.backup.doBackupAtShutdown=true

バックアップファイルは次の場所に保存されます。最新の30ファイルまでバックアップできます。

<ApplicationPath>/WEB-INF/database/backups