Talend Data Qualityデータマートのデータベース権限 - 8.0

Mac版Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Big Data Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Installerを使用してTalend Data Qualityをインストールする場合、分析結果を保存する特定のデータベースを選択できます。サポートされているデータベースのいずれかにユーザーが分析結果を書き込むことができるようにするには、特定のシステム権限を付与する必要があります。

サポートされるデータベースの詳細は、互換性があるデータベースをご覧ください。

前提条件

分析結果の保存でMySQL、PostgreSQL、SQLサーバーデータベースを使うよう選択した場合、データベースはTalend Installerによって自動的に作成されます。ただし、Oracleデータベースを使うよう選択した場合は、Talend InstallerTalend Data Qualityデータマートをインストールする前にデータベースとスキーマを作成する必要があります。

解析結果を保存するデータベースを定義する場合は、以下の操作が必要です。

  • Talend Data Qualityデータマートのユーザーにさまざまなデータベース上で適切な権限が付与されていることを確認する
  • PostgreSQLデータベースの場合、Talend Data QualityデータマートをPostgreSQLサーバーにインストールするコンピューターのIPを追加する

MySQLの権限

レポートデータマート接続を設定する時に定義したユーザーには特定の権限が必要です。GRANTコマンドを使って、少なくとも以下のシステム権限を付与します:
  • Select
  • Insert
  • Update
  • Create
  • Drop
  • Index
  • Alter
  • Create View

SQLステートメントの例:

GRANT <privilege> ON`<database_name>`.* TO
                <user_name>@'%'

Oracleの権限

レポートデータマート接続を設定する時に定義したユーザーには、DBAロールか、CONNECTロールとRESOURCEロールの組み合わせのいずれかが必要です。grant コマンドを使ってユーザーに次のシステム権限を与えます。

ユーザー自身のスキーマにデータマートを作成する時に必要となる権限は次のとおりです。

  • create sequence
  • create session
  • create alter session
  • create table
  • create view

SQLステートメントの例:

GRANT create session to <user>

現在のユーザーが所有していないスキーマにデータマートを作成する時に必要となる権限は次のとおりです。

  • alter any table
  • comment any table
  • create any index
  • create any sequence
  • create any table
  • create any view
  • create session
  • insert any table
  • select any sequence
  • select any table
  • update any table

SQLステートメントの例:

GRANT alter any table to <user_name>