デプロイと実行 - 8.0

Mac版Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
[Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリー)のグレーの円は、次の項目をすべて保存しているアーティファクトリポジトリーを表しています。
  • ダウンロードが可能なソフトウェアアップデート
  • Talend Studioから公開され、いつでも Talend Runtimeでデプロイおよび実行できるルートとサービス
TALEND実行サーバーのブロックは、Talend Administration Center Webアプリケーションでセットアップされた実行スケジュールによって技術的プロセスを実行する実行サーバーを表します。これらの実行サーバーには次のようなものがあります。
  • 情報システム内でデプロイしている1つまたは複数のTalend Runtimes (実行コンテナー)。 Talend Runtimeでは、Talend Administration Center Webアプリケーションで定義されたセットアップに従って、技術的プロセスをデプロイおよび実行します。それらのプロセスは、アーティファクトリポジトリーから取得されたルートおよびサービスです。

    サービスやルートアーティファクトをデプロイする Talend Runtimeが複数ある場合は、必要に応じて負荷を分散できます。 Talend RuntimeのどのインスタンスもService Locatorを通じて相互に通信し合い、Talend Administration Centerでデプロイメントが設定されたアーティファクトをデプロイ、または実行すると思われるインスタンスを識別します。デプロイメント用に選ばれた Talend Runtimeは、アーティファクトリポジトリーからデプロイおよび実行するアーティファクトを要求します。一方のアーティファクトリポジトリーは、要求されたアーティファクト、およびその実行で必要となる全依存項目をデプロイおよび実行先の Talend Runtimeに送信します。