SnapshotsおよびReleasesアーティファクトリポジトリー - 8.0

Mac版Talendインストールガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

次の図は、Talend Studio、実行サーバー、Talend Administration CenterにリンクしているSnapshotsリポジトリーとReleasesリポジトリーのアーキテクチャーを示しています。

アーティファクトリポジトリーはまた、Talend Studioで作成されたすべてのサービス、ルート、ジョブ、またはその他のJava IDEで作成された汎用OSGi機能をアーティファクトとして保存するためにも使われます。

このようなアーティファクトは、Talend Studioからsnapshotsリポジトリーとreleasesリポジトリー(Talend Artifact Repositoryにインテグレーション済み)に公開できます。アーティファクトは実行サーバーに提供され、Talend Administration Centerで選択してデプロイメントを設定できます。

Talend Administration Centerはまた、アーティファクトのステータスとURLをフェッチし、そのページにJob Conductorを(そして利用できる場合はESB Conductorも)表示します。

Talend Administration Centerでアーティファクトのデプロイが開始されると、実行サーバーはアーティファクトリポジトリーの対応するアーティファクトを要求します。次に、アーティファクトをデプロイおよび実行できます。

アーティファクトの保存には、次の2つの組み込みリポジトリーが用意されています。
  • snapshotsリポジトリー: 開発目的でスナップショットアーティファクトを公開します。
  • releasesリポジトリー: 本番稼働目的で安定したアーティファクトを公開します。