ジョブデプロイメントのクリーンアップ - 8.0

ジョブ実行リリースとクリーンアップのフローチャート

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Administration Center
Content
Last publication date
2024-02-06

デプロイメントのクリーンアップは10分ごとにトリガーされ、登録された未完了の実行をチェックします。

注: デプロイメントクリーンアップのトリガーは再設定が可能です。詳細は、Talend JobServerのクリーンアップサイクルを理解するをご覧ください。

次のケースでは、デプロイメントクリーンアップがブロックされます。

  • 未完了の実行が検出された場合
  • 実行中であるジョブがデプロイメントされる場合

例:

次のような状況を考えてみましょう。

  • ジョブAは1回実行され、クリーンアップが予定される5分以上前に開始された
  • ジョブBは50回実行された

ジョブAとジョブBのデプロイメントが正しく終了した場合、両方のジョブはクリーニングされます。