tKafkaCommitの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Kafka

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtKafkaCommitを設定するために使います。

[Standard] (標準) tKafkaCommitコンポーネントは、インターネットファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

[Commit offsets from] (次からオフセットをコミット:)

消費されたメッセージがコミットされるtKafkaInputコンポーネントを選択します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

tKafkaCommitは、サブジョブフローの終了コンポーネントとして使うことも、独自のサブジョブとして独立して呼び出すこともできますが、通常はスタンドアロンで使われ、オフセットのバッチを一度にコミットします。オフセットを定期的にコミットする必要がある場合は、 tKafkaInputの自動コミット機能を使うことをお勧めします。