tKafkaCreateTopicの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Kafka

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > Kafka

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtKafkaCreateTopicを設定するために使います。

[Standard] (標準) tKafkaCreateTopicコンポーネントは、インターネットファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストで目的の接続コンポーネントを選択します。

[Version] (バージョン)

使うKafkaクラスターのバージョンを選択します。

[Action on topic] (トピックアクション)

トピックの作成方法を選択します。

  • [Create topic] (トピックの作成): トピックを作成します。このトピックが既に存在する場合は、ジョブ全体が停止します。

  • [Create topic if not exists] (存在しない場合はトピックを作成): このトピックが存在しない場合は、トピックを作成します。このトピックが存在する場合、ジョブは作成をスキップして次のステップに進みます。

[Topic name] (トピック名)

作成するトピックの名前を入力します。

[Broker list] (ブローカーリスト)

使用するKafkaクラスターのブローカーノードのアドレスを入力します。

このアドレスの形式はhostname:portです。この情報は、このKafkaクラスター内のホスティングノードの名前とポートです。

複数のアドレスを指定する必要がある場合は、コンマ(,)で区切ります。

[Replication factor] (レプリカファクター)

トピックパーティションのログ(メッセージセット)に対して作成されるレプリカの数を入力します。

[Number of partitions] (パーティションの数)

トピックに対して作成するパーティションの数を入力します。

[Set topic retention time (ms)] (トピックの保持時間(ミリ秒)を設定)

このチェックボックスをオンにして、トピックのコンテンツが保持される最大時間をミリ秒単位で定義します。

最終的には、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Topic properties] (トピックのプロパティ)テーブルで定義したポリシーに応じて、コンテンツが削除または圧縮されます。

詳細設定

[Zookeeper security is enabled] (Zookeeperセキュリティを有効化)

このチェックボックスを選択するとセキュリティが有効なZooKeeperに接続できるため、Kafkaクラスターのセキュリティが高まります。

Kafka 0.9.0.0バージョンで導入されたセキュリティ機能の詳細は、Kafkaの公式ドキュメンテーションをご覧ください。

このプロパティはKafka 2.4.xバージョンでは利用できません。

[Topic properties] (トピックプロパティ)

カスタマイズする必要があるKafkaトピックプロパティをこのテーブルに追加します。

このテーブルで定義できるトピックレベルプロパティの詳細は、次のWebサイトにあるKafkaのドキュメンテーションでトピックレベルの設定について説明しているセクション(http://kafka.apache.org/documentation.html#topic-config)をご覧ください。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは、他のKafkaコンポーネントが他のジョブまたはサブジョブで使えるトピックを作成するために、スタンドアロンで使います。

[Limitation] (制限事項)

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールをご覧ください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)をご覧ください。