Sparkが使うKuduデータベースへの接続を設定する - Cloud - 8.0

Kudu

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Kudu
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Kudu
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Kudu

手順

  1. tKuduConfigurationをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。

  2. [+]ボタンをクリックして、[Server connection] (サーバー接続)テーブルに1行追加します。
  3. Kuduマスターのノード名を二重引用符で囲み、そのリスニングポートを入力します。
    Kuduクラスターに複数のマスターがある場合は、すべてこのテーブルに1行ずつ追加します。