LDAP ディレクトリー内のデータを編集する - Cloud - 8.0

LDAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > LDAP
注:

データベース出力コンポーネントにはすべて、[Advanced settings] (詳細設定)タブに[Parallelize] (並列)オプションがあります。このオプションを使用すると、複数のデータフローを同時に処理することで、データ処理のパフォーマンスを高めることができます。詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

次のシナリオは、LDAPディレクトリーを書き込む前に、LDAPディレクトリーを読み取り、選択したエントリーのメールを更新し、出力を表示するジョブについて説明しています。説明をわかりやすくするために、エイリアスの参照も参照処理も省いてあります。このシナリオはLDAPディレクトリーのフィルタリング済みコンテンツを表示するをベースにしています。返された結果は単一のエントリーで、組織の関係者に関連しており、それがメールを更新する対象です。

出力には以下のフィールドが表示されます: dnuid、およびmail。これらはジョブで定義したものです。