コンポーネントをドロップしリンクさせる - Cloud - 8.0

Load Balancer (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ロードバランサーコンポーネント(メディエーション)

このシナリオでは、メッセージ送信元として1つのcFileコンポーネントを、負荷分散方法で2つの異なるレシーバーにメッセージを配信するために1つのcLoadBalancerコンポーネントを、レシーバーのURIを定義するために2つのcJavaDSLProcessorコンポーネントを、2つのレシーバーにルーティングされたメッセージを取得するために2つのcMessagingEndpointコンポーネントを、ラウンドロビン負荷分散の効果を遅延させるために2つのcProcessorコンポーネントを必要とします。

手順

  1. [Palette] (パレット)Connectivityフォルダーから、1つのcFileコンポーネントと2つのcMessagingEndpointコンポーネントをワークスペースにドロップし、ルート内のロールに従って、それぞれに次の名前を付けます: SenderReceiver_AReceiver_B
  2. [Routing] (ルーティング)フォルダーからcLoadBalancerコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、Load_balancerという名前を付けます。
  3. [Core] (コア)フォルダーから2つのcJavaDSLProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、ルート内のロールに従って、それぞれに次の名前を付けます: To_Receiver_AおよびTo_Receiver_B
  4. [Core]フォルダーから2つのcJavaDSLProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップし、ルート内のロールに従ってそれぞれに次の名前を付けます: To_Receiver_AおよびTo_Receiver_B
  5. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使ってcFileコンポーネントをcLoadBalancerコンポーネントにリンクします。
  6. [Row] (行) > [Load Balance] (負荷分散)接続を使って、cLoadBalancerを2つのcJavaDSLProcessorコンポーネントのそれぞれにリンクします。
  7. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、2つのcMessagingEndpointコンポーネントのそれぞれを対応するcProcessorコンポーネントにリンクします。