Loqateデータに基づいてアドレスを解析する - Cloud - 8.0

Loqate address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント

このシナリオは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、次の処理を実行する3コンポーネントジョブについて説明します。

  • tFixedFlowInputコンポーネントを使って、分析するアドレスデータを生成する。
  • tLoqateAddressRowコンポーネントを使って、tFixedFlowInputコンポーネントで生成された米国の住所を解析、標準化、フォーマットする。
  • tFileOutputExcelコンポーネントを使って、.xslファイルに適切にフォーマットされた住所を出力する。

tLoqateAddressRowコンポーネントを使う前に、Loqate Local APIとGlobal Knowledge Repositoryをオーダーしてhttp:// www.loqate.com/からダウンロードする必要があります。tLoqateAddressRowはQ2.2 2016リリースを使います。