検証ステータス - Cloud - 8.0

Loqate address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Loqateアドレス標準化コンポーネント

検証ステータスは次のいずれかになります。

Status (ステータス)

Description (説明)

V (検証済み)

アドレスが解析され、すべてのアドレスコンポーネントについて参照データの完全一致が検出されました。

P (部分的に検証済み)

参照データには、アドレスの入力データよりも多くの詳細が含まれています。アドレスが解析され、アドレスのコンポーネントの大半が参照データと一致しました。

U (未検証)

入力データを解析できませんでした。出力フィールドに入力データが格納されます。

A (不明確)

参照データの複数の項目が入力データと一致しました。

C (競合)

個々のアドレスコンポーネントは有効ですが、コンポーネントを合わせるとアドレスが無効になります。

R (リバート)

アドレスが解析され検証されましたが、検証の最小許容レベルに達しませんでした。出力フィールドに入力データが格納されます。