ジョブを実行 - Cloud - 8.0

Machine Learning

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 機械学習コンポーネント

このタスクについて

ここでは、このジョブを実行できます。

手順

  1. tLogRowコンポーネントを使って、ジョブの実行結果を表示します。
    [Component] (コンポーネント)ビューでプレゼンテーションモードを設定する場合は、tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開き、次に[Mode] (モード)エリアで[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの値を印刷))ラジオボタンを選択します。
  2. [Run] (実行)ビューのコンソールでLog4j ロギングの唯一のエラーレベル情報を表示する必要がある場合は、[Run] (実行)をクリックしてビューを開き、[Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
  3. ビューでlog4jLevelチェックボックスをオンにして、リストから[Error] (エラー)を選択します。
  4. [F6]を押してこのジョブを実行します。

タスクの結果

[Run] (実行)ビューのコンソールで、実際のラベルと共に分類結果を確認できます。

同じコンソールで、計算されたスコアを読み取ることもできます。

スコアは、モデルの品質が良いことを示しています。ただし、tRandomForestModelで使われるパラメーターの調整を続行し、新しいパラメーターを使ってモデル作成ジョブを実行し、モデルの新しいバージョンを取得して評価することで、モデルを拡張できます。