例ファイルの編集可能バージョンをコピーする - Cloud - 8.0

Map (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend ESB
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > マップコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. Mapping パースペクティブの[Data Mapper] (データマッパー)ビューで[Hierarchical Mapper] (階層マッパー)ノードと[Other Projects] (その他のプロジェクト)フォルダーを展開し、[Examples] (例)を右クリックしてコンテキストメニューから[Copy] (コピー)を選択します。
  2. [Data Mapper] (データマッパー)ビューで、[Hierarchical Mapper] (階層マッパー)ノードのルートを右クリックし、コンテキストメニューから[Paste] (貼り付け)を選択します。
    これにより読み取り専用の例ファイルの編集可能バージョンがローカルワークスペースにコピーされます。