tMarketoBulkExecの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Marketo

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMarketoBulkExecを設定するために使います。

[Standard] (標準) tMarketoBulkExecコンポーネントは、ビジネスファミリーとCloudファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で利用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続のプロパティ値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。

    このチェックボックスのとなりにある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーの内容)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

[Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから他の接続コンポーネントを選択した場合、このプロパティは利用できません。

[Connection component] (接続コンポーネント)

ドロップダウンリストで、Marketoへの接続を設定するために接続の詳細を使うコンポーネントを選択します。

エンドポイントのアドレス

Marketo WebサービスのAPIエンドポイントURLを入力します。APIエンドポイントURLは、Marketo[管理者] > [Webサービス]パネルにあります。

[Client access ID] (クライアントアクセスID)

Marketo WebサービスにアクセスするためのクライアントIDを入力します。

クライアントIDとクライアントシークレットキーは、Marketoの[Admin] (管理者) > LaunchPointパネルにあります。アクセスするサービスの[View Details] (詳細の表示)をクリックしてください。詳細な情報が必要な場合は、Marketoのサポート(support@marketo.com)への問い合わせも可能です。

[Secret key] (シークレットキー)

Marketo Webサービスにアクセスするためのクライアントシークレットキーを入力します。

シークレットキーを入力するには、シークレットキーフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにシークレットキーを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。

このコンポーネントのスキーマは事前定義されており、インポートするデータのタイプ(LeadsまたはCustomObjects)によって若干異なります。[Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるをクリックすると、スキーマを表示できます。

  • batchId: バッチのID。

  • importId (Leadsのみ): インポートのID。

  • importTime (CustomObjectsのみ): バッチに費やされた時間。

  • message: バッチのステータスメッセージ。

  • numOfLeadsProcessed/numOfObjectsProcessed: これまでに処理された行数。

  • numOfRowsFailed: これまでに失敗した行数。

  • numOfRowsWithWarning: これまでに警告があった行数。

  • objectApiName (CustomObjectsのみ): カスタムオブジェクトのAPI名。

  • operation (CustomObjectsのみ): 一括操作タイプ。

  • status: バッチのステータス。

  • failuresLogFile: 失敗のログ。

  • warningsLogFile: 警告のログ。

インポート先

インポートするデータのタイプ(LeadsまたはCustomObjects)を選択します。

[File format] (ファイル形式)

インポートするデータを含むファイルのタイプ(csvtsv、またはssv)を選択します。

参照フィールド

重複除去に使うルックアップフィールドを選択します。

このプロパティは、[Import to] (インポート先)ドロップダウンリストでLeadsが選択されている場合のみ使えます。

リストID

インポート先の静的リストのIDを指定します。

このプロパティは、[Import to] (インポート先)ドロップダウンリストでLeadsが選択されている場合のみ使えます。

パーティション名

インポート先のLeadパーティションの名前を指定します。

このプロパティは、[Import to] (インポート先)ドロップダウンリストでLeadsが選択されている場合のみ使えます。

CustomObjectの名前

カスタムオブジェクトのAPI名を指定します。

このプロパティは、[Import to] (インポート先)ドロップダウンリストからCustomObjectsが選択されている場合にのみ使えます。

バルクファイルパス

インポートするデータが含まれているファイルへのパスを指定します。

ポーリング待機時間(秒)

データをポーリングする時間(秒単位)を指定します。

一括ログのダウンロードパス

ダウンロードするバッチログファイルへのパスを指定します。これには、失敗ログファイルと警告ログファイルが含まれます。

リードをインポートすると、失敗ログファイルにはbulk_leads_ < batchId>_failures.csv、警告ログファイルにはbulk_leads_ < batchId>_warnings.csvという名前が付けられます。

カスタムオブジェクトをインポートすると、失敗ログファイルには bulk_customobjects_<customObjectName>_ <batchId>_failures.csv 、警告ログファイルには bulk_customobjects_<customObjectName>_ <batchId>_warnings.csv という名前が付けられます。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー発生時にジョブの実行が停止されます。

詳細設定

APIモード

Marketo APIモードを指定します。このコンポーネントに使えるのはREST APIモードのみです。

Marketo REST APIの詳細は、http://developers.marketo.com/documentation/rest/をご覧ください。

Timeout (タイムアウト)

Marketo Webサービスへの接続の試行が終了するまでのタイムアウト値(ミリ秒)を入力してください。

再接続の最大試行回数

試行を断念するまでのMarketo Webサービスに対する再接続試行の最大回数を入力します。

[Attempt interval time] (試行間隔)

その後の再接続試行までの間隔(ミリ秒)を入力します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

[Global Variables] (グローバル変数)

NUMBER_CALL

呼び出し回数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはスタンドアロンコンポーネントとして、またはジョブまたはサブジョブの開始コンポーネントとして使えます。