REST APIを使ってMarketoにリードレコードを挿入する - Cloud - 8.0

Marketo

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo

手順

  1. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマダイアログボックスを開きます。
  3. スキーマダイアログボックスで、入力値を必要としないidカラムとStatusカラムを選択し、ボタンをクリックして削除します。次に[OK]をクリックして設定を保存し、スキーマダイアログボックスを閉じます。
  4. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツを使用: 区切りファイル)を選択し、[Content] (コンテンツ)フィールドに次の入力データを入力します。
    dev@talend.com;Peter;Wang
    doc@talend.com;Judy;Zhang
    dev@talend.com;Nick;Liu
    dev@talend.com;Mark;Zhao
    doc@talend.com;Alex;Sun
  5. tMarketoOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、Marketoへの接続設定のために接続の詳細を使うコンポーネントを選択します。この例ではtMarketoOutputです。
  7. [Operation] (操作)ドロップダウンリストからSyncMultipleLeadsを選択して、複数のリードレコードを挿入します。
  8. [Operation type] (操作タイプ)ドロップダウンリストからcreateDuplicateを選択し、重複するリードを作成できるようにします。