REST APIを使ってMarketoでデータ送信用のジョブをセットアップする - Cloud - 8.0

Marketo

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Marketo

手順

  1. 名前をデザインワークスペースに入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして、tMarketoConnectionコンポーネント、2つのtFixedFlowInputコンポーネント、tMarketoOutputコンポーネント、tMarketoInputコンポーネント、およびtLogRowコンポーネントを追加します。
  2. tMarketoOutputtMarketoInput[Advanced settings] (詳細設定)ビューで、[API Mode] (APIモード)ドロップダウンリストからRESTが選択されていることを確認します。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、最初のtFixedFlowInputコンポーネントをtMarketoOutputコンポーネントに接続します。ポップアップダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして、最初のtFixedFlowInputコンポーネントがターゲットのtMarketoOutputコンポーネントからスキーマを取得できるようにします。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントをtMarketoInputコンポーネントに接続します。ポップアップダイアログボックスで[No] (いいえ)をクリックすると、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントはターゲットのtMarketoInputコンポーネントからスキーマを取得しません。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tMarketoInputコンポーネントをtLogRowコンポーネントに接続します。
  6. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tMarketoConnectionコンポーネントをtFixedFlowInputコンポーネントに接続します。
  7. 同じようにして、最初のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtFixedFlowInputコンポーネントに接続します。