Talend Studioでシンプルなプロジェクトをビルドする - 8.0

マスターデータ管理の例

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除
あらゆるMDMプロジェクトの初めには、データモデルのセットアップおよびそのデータモデル内にビジネスエンティティを作成する作業が含まれます。

手順

  1. Talend Studioで、データモデルCustomerおよびその対応するデータコンテナーCustomerを作成します。

    データモデルの作成方法は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  2. Customerデータモデルに新しいエンティティCustomerを追加します。
  3. Customerエンティティにエレメントを追加します。
    このサンプルでは、lnamefnamecitygenderなど、顧客の詳細情報が追加されます。
  4. CustomerエンティティにビューCustomerを作成します。これは、Talend MDM Web UIからのデータとのやり取りに使用します。
    次に、マッチングルールを作成および定義してデータモデルに追加し、マッチングルールが正しく機能するか、Talend MDM Web UIで検証します。